« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月 アーカイブ

2010年4月25日

StratocasterのSynchronized tremolo unit交換

以前から気になっていた、ストラトのアームのガタツキ。
どうやらトレモロユニットのブロックを交換する必要があるみたい。
そこで、Callaham Guitars製のシンクロナイズド・トレモロユニットに交換することにしました。
友人が手配をしてくれて、先日持ってきてくれたので、土曜日に交換してみました。
重さはFender製のものとほぼ変わらず。
付属のスプリングはFender製よりも柔らかいテンションです。
それまで付いていたブリッジを外し、軽く掃除。
さすがにピッタリはまります。
一番神経を使って行うのは、6つの固定ビスの締め込み具合です。
ここをよく調整しておくと、狂いが少ないです。
一番時間がかかったのは、調整。
弦高調整、オクターブ調整、フローティング調整・・・。
結局3時間程度かかりました。

日曜日のバンドの練習で使ってみましたが、かなり良いです。
工作精度が高い印象です。
アームのガタツキも皆無。
微妙なアーミングが楽しめます。
これは素晴らしいです。
音も良い感じ。

IMG_0648.JPG

これで私のストラトキャスターは、オリジナルなのはボディ、フロントピックアップ、センターピックアップ、配線だけになりました。
ネック、ペグ、リアピックアップ、ジャックプレート、トレモロユニットは交換したことになります。

2010年4月11日

BAN BAN BAZAR Live at 京都の北の方(笑)

バンバンバザールさんのライブが京都のSOLE CAFEでありましたので、参戦してきました。
自宅から歩いていける距離なので、夕暮れの北山通をボチボチ歩いて会場のカフェへ。
初めてのお店ですが、すぐに分かりました。
福島さんもMCでおっしゃってましたが、意外にも女性客がほとんどで、男性客は少数派。
小さなカフェでのライブなので、"ウクレレバンバンバザール"です。
始まると、あまりの心地よさに睡魔が(笑)。
本当にあっという間に、引き込まれていきました。
音は、ほぼ生音。だから、とても良い音で、素晴らしかった。
富永さんのウクレレがとても通る良い音で、これはびっくりしました。
ライブ後にお話を聞くと、弦が大きい音の出るタイプだそうで、でも音量が大きいだけじゃなくて音が良かった。
もちろん、演奏は凄い&素晴らしい。
ウクレレソロが3曲ありましたが、良かった。
コーラスも、生。
ブラスも、生(声)。

CDではホーンセクションが担当しているフレーズも、生声でこなしてしまったのは、とっても良いアイデアで、感心しました。ちょっと笑いましたけど(笑)。
でも口ブラス、盛り上がります(笑)。
電気を使わない、生音の状態で、ちゃんとバランスがとれてる。音楽になってる。当たり前のことだけれど、さすがでした。
福島さんのearthyなボーカルは、最初から最後までとてもきちんとしていて不安定なところが無く、CDの世界がちゃんと再現され、控えめながらバランスのよいギターとともに、素晴らしかった。MCも面白かったし。
黒川さんのベースも良い音でした。音量も、プレイも、素晴らしかった。コーラスがまたうまくって、黒川さんのリードボーカル曲も聴きたかった。「浮かれたオートモービル」とか。
とても満足した、良いライブでした。
DVDを買って、黒川さんにサインしてもらって帰りました。
まだ体験されていない方は、ぜひ!おすすめです。

2010年4月 9日

23才僧侶だけど何か質問ある?:ハムスター速報

http://hamusoku.com/archives/3009179.html

興味深いです。
答えている人は、真面目で良い印象です。

2010年4月 3日

洗車

あー、あー、本日は晴天なり
お日柄もよく、洗車日和だったので、久しぶりに洗車しました。
このあいだのひどい黄砂で、クルマはかなり汚れておりました。
黄砂は、そのままにしておくと塗装に良くないとの噂も聞きましたので、そろそろ手入れしておかないと!と思っていたので、重い腰を上げました。多分、明日は荒天でしょう(笑)。

ボディには黄砂がついているので、まずは水をかけてみました。
・・・落ちませんね。

このままウェスなどでこすると、ボディとの間に黄砂をはさんだままこすることになってしまい、傷になってしまいます。
仕方ない、シャンプーしました。
普段使わない洗剤を使ったのは、少しでも洗車時の抵抗を低減することを狙っております。
あとは充分に水で洗剤と黄砂などの汚れを流します。
気をつけているのは、「磨きすぎない」こと。
洗車って、クルマにとってはあまり良くないことだと思っているので。

さて、ワックスがけです。
濡れているルーフ部の水分を軽く拭き取ったあと、ワックスを半分の面積に塗り、すぐに拭き取ります。
今回使ったのは、zymölのCreame™。淡色車用の、ザイモール製品群の中ではエントリークラスのワックスです。なんだか美味しそうな良い香りがします。
本来、ザイモールワックスは、素手で塗っていくワックスなのですが、この「クリーム」はスポンジでもOKとどこかのサイトに書いてあったので、今回はスポンジで塗りました。使ったのはシェアラスターのワックス専用スポンジです。
で、拭き取りは専用のマイクロファイバーのクロスを使うように指定されているのですが、今回は同じくシェアラスターの拭き取り専用クロスを使いました。
思っていたより塗りやすく、作業性は良かったです。
ルーフ、ボンネットと、ホコリののりやすい部分を手早くやってしまい(ウチのクルマはトランクの無いタイプ)、そのあと側面を塗っていきます。
塗る直前まで水分は拭き取らず、水分は完全には拭き取りません。
ワックスを塗って、乾くまでに拭き取ります。
この手順を間違えないようにしないと、トラブルになるそうです。
側面の上半分をやってしまってから、下半分に塗っていきます。
シャンプーからワックスまで、2時間ほどかかりました。
久しぶりの洗車、気候も穏やかだったし、気分転換になって、楽しかったです。

写真は、撮り忘れました







アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレス



価格.com 自動車保険


About 2010年4月

2010年4月にブログ「groove?」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。