« BAN BAN BAZAR Live at 京都の北の方(笑) | メイン | ぎんなん »

StratocasterのSynchronized tremolo unit交換

以前から気になっていた、ストラトのアームのガタツキ。
どうやらトレモロユニットのブロックを交換する必要があるみたい。
そこで、Callaham Guitars製のシンクロナイズド・トレモロユニットに交換することにしました。
友人が手配をしてくれて、先日持ってきてくれたので、土曜日に交換してみました。
重さはFender製のものとほぼ変わらず。
付属のスプリングはFender製よりも柔らかいテンションです。
それまで付いていたブリッジを外し、軽く掃除。
さすがにピッタリはまります。
一番神経を使って行うのは、6つの固定ビスの締め込み具合です。
ここをよく調整しておくと、狂いが少ないです。
一番時間がかかったのは、調整。
弦高調整、オクターブ調整、フローティング調整・・・。
結局3時間程度かかりました。

日曜日のバンドの練習で使ってみましたが、かなり良いです。
工作精度が高い印象です。
アームのガタツキも皆無。
微妙なアーミングが楽しめます。
これは素晴らしいです。
音も良い感じ。

IMG_0648.JPG

これで私のストラトキャスターは、オリジナルなのはボディ、フロントピックアップ、センターピックアップ、配線だけになりました。
ネック、ペグ、リアピックアップ、ジャックプレート、トレモロユニットは交換したことになります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.letsgroove.jp/mt4/mt-tb.cgi/669







アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレス



価格.com 自動車保険


About

2010年4月25日 23:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「BAN BAN BAZAR Live at 京都の北の方(笑)」です。

次の投稿は「ぎんなん」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。